社会人バンドマンのイメージを払拭したい件について

学生時代はともかく、社会人になってからのバンド活動は大変です。
メンバー探し、継続して練習する事、演奏する曲や曲作り、
環境の違う人との人間関係等。
けれど、それらを乗り越えながらやっていく事が、社会人として自分を成長させて行くのだと思います。
一般的にバンドマンのイメージは反社会的でだらしない人々だと思われていますが、決してそのようなことはなく、かえって社会人として最低限のマナーや礼儀をしっかり出来る人でないと、社会人バンドマンはつとまらないです。
見た目が怖かったり、ナルシストっぽかったり等、一般人からするととっつきにくく、危険人物だと思われますがそうではありません。
また、遊んでいるイメージですが、意外と既婚者が多く、愛妻家(男性の場合)が多いです。好きな事をやらせてもらっている代わりに、奥さんの事はより大事にするようです。
そこには反社会的な態度はなく、むしろ普通の人よりも立派な社会人だと私は思います。
彼らは否定するのかもしれませんが。