フィギュアスケートの情報を見ていて忘れそうになっていました

平昌オリンピック、フィギュアスケート個人戦の男子ショートプログラムが始まりました。羽生選手や宇野選手、チェン選手、フェルナンデス選手など上位の選手は午後からの試合となっていますが、すでに10時から競技が始まりました。昨日の夜からソワソワしていたのですが、朝起きてから家事をしていても何だか落ち着きがありませんでした。朝のワイドショーで各番組で羽生選手と宇野選手の公式練習が中継で放送されていて、ジャンプを跳ぶたびに解説が入るという具合で早くも本番さながらといった感じでした。
今日は金曜日で、私の住んでいる地域では毎週火曜日と金曜日が可燃ごみの日となっています。洗濯や化粧を終えて中継のテレビに見入っていると時間が過ぎ、化粧道具を片付けに行った時にごみを出すのを忘れていたことに気づきました。いつも9時半ごろにごみの収集なので慌ててごみをまとめ何とか収集の時間には間に合いました。どれだけオリンピックに気を取られているか改めて気づかされました。

前に進むためには、何かを捨てたり壊したりしないと

人生の格言というのはいろいろとあったりしますが、似ているようなことを言っているものもたくさんあります。
最近、私が意識するようになったのは、何かを得るためには何かを捨てなければならないということです。
例えば、何か新しい勉強をしようと思ったときに、いまのままでいることはできませんよね。
テキストを買ったりする費用や、勉強をする時間というものを支払って、知識や資格というものを得ることになります。
そして、現状を変えていくということに関して言えば、新しいものを作ろうとする時に、それまでのものを破壊しなくてはならないということだと思います。
伝統芸能や芸術の世界では、まず基本となる方を学び、徹底的に模倣をして自分の中に取り込むステップがあります。
そして、新しい方を作り出そうとする時には、既存の方を打ち砕いて、新たなものを創造するのだと言ったりします。
何も特別なことではなく、私たちの普段の生活でも、自分が前に進むためには、何かを手放したり、いままで大切にして来たものを壊すようなことも必要だったりします。
でも、前に進むというのはそれだけ大変なことだという覚悟がなければならないことなのだと思っています。

毎日の晩ごはんを、楽しんで作り方必見です

冬場のキッチンは寒いし、買い物にもなかなか重い腰をあげれず、夕方5時になっていた。なんて事ありませんか?
毎日の晩ごはん何にしょうと考えるのも辛い、、日常茶飯事ですよね。そんな時は、ヨシケイが良いですよ。
ヨシケイは、毎日決まった時間にその日に作るレシピの野菜やお肉など届けてくれます。
レシピも事前に冊子を届けてもらえるので、前日にレシピに目を通しておく事もできます。
宅配BOXがあるので留守の時も安心です。
コースが何種類かあって、自分に合ってるコースが撰べます。
私は、とりあえずプチままコースを選んでみました。
週5ですと、料金は5500週6500円です。
週5のコースで初回限定で3000円でお試しできるとの事でしたので、さっそく注文してみました。
料金が苦手で、なかなか納得行く味にならなかった私。
レシピ通りにとりあえずやってみたら、不思議な事に2品完成いして味も美味しい。明日も楽しみ。となりました。
料金が楽しみになった事なんて初めてでしたので、ヨシケイを検討されている方がいらっしゃれば、やってみる価値はありますよ。
お試し価値も嬉しいですね。