東京と沖縄、ホントはどっちの方が暑いのか

気温は地域差があり、南は北に比べて暑いイメージがあると思います。
しかし、日中の最高気温を比べると、実は東京の方が沖縄よりも高くなります。

東京では、猛暑日と呼ばれる35℃を超える日は珍しくありませんが、沖縄で35℃を超える日は珍しく、最高気温は32〜33℃ほどなのです。
これは南北の緯度の影響ではなく、海やビルなどの環境が関係しています。

都心はたくさんのビルが立ち並び、またアスファルトが日中の熱を溜め、熱がこもるヒートアイランド現象が起こります。
一方、沖縄は海に囲まれ風通しが良いので、熱がこもらないのです。

東京は、日中に比べ、夜は涼しくなります。
東京は1日の気温差が大きいのに対し、沖縄は気温差が小さいです。
そのため、平均気温を比べると、沖縄の方が圧倒的に暖かいわけです。

夏の最高気温は東京の方が上ですが、平均的に暑いのはやはり沖縄です。
夏は北海道、冬は沖縄と住む場所を変えられれば、年中快適に過ごせるかもしれませんね。キレイモ 分割