娘役らしい姿が魅力的な花組娘役雛リリカさん

2011年に宝塚歌劇団に97期生として入団した雛リリカさん。初舞台公演は、星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』でした。
組廻りを経て花組に配属になり、2015年『新源氏物語』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、宝塚大劇場公演では光源氏の異母兄の妻で恋仲になる朧月夜を、東京宝塚劇場公演では右大臣の娘(朧月夜の姉)で光源氏の父親桐壺帝の正室の弘徽殿の女御を演じました。2016年『ME AND MY GIRL』新人公演では、ヘアフォード家の女主人マリア公爵夫人の友人のワーシントン夫人を演じました。同年『金色の砂漠』新人公演では、イスファン国の王ジャハンギールの後宮の女シパーシを演じました。
2017年『仮面のロマネスク』では、メイドのリーザを演じました。同年『邪馬台国の風』新人公演では、巫女のヒビカを演じました。2018年『ポーの一族』新人公演では、主人公エドガーたちのいるホテル・ブラックプールに集まった霊能力者の1人イゾルデを演じました。

今時布製の上履きはないよな〜洗っても汚れが落ちない

TV番組とかではよく最先端の小中学校が紹介されていまして。
上履きなんかも、昔と違い、まるでスニーカーのようなカッコイイのを履いている学校が出ています。
しかし、うちの子の学校はいまだに昔ながらの布製の上履きが指定です。
なので洗濯が大変ですよ。
これまた昔ながらの靴洗いのブラシを使い、洗濯洗剤つけながらゴシゴシこするわけですが。
汚れなんてちっとも落ちません。
漂白剤に漬けてもダメ。
そもそも、布製の汚れ物を洗うなら、毎日持って帰ってこなくちゃ汚れが落ちるはずありません。
週末持って帰ってこられたって、もはや手遅れの状態です。
仕方ないので一応洗ってもたせますけどね。
細菌などは、洗剤で洗って天日干しすればそれなりに除菌できるだろうから、洗うのが全くのムダということでもないでしょうけど。
ビニール生地の、スニーカーのような抗菌加工された上履きなら、そんなに頻繁に洗わなくても清潔を保てるでしょうに。
どうせ親が金出して買うんだから、上履きぐらい新しいものを買わせてほしいです。キレイモ 金額